ブログ

マンションの寿命って何年だと思いますか?

よく聞かれるのですが

マンションの寿命って何年ですか?

という質問を受けることがあります。

50年? 70年?

答えは・・・

正直、わかりません

というのがプロでもホンネですあせる

何故なら、日本にマンションができてからまだ
50年も経っておらず、マンションが朽ち果てたという実例がないからです。

しかし、参考になるものがあります。

会計上の減価償却に使う
耐用年数というものがございます。

1997年以前のマンションは60年
1998年以降のマンションは47年です。

これは一つの参考になると思いますが、
あくまで会計上の指標であり
耐用年数=実際の寿命
ではありませんのでご注意ください。

私共から見て、もっとも注目すべき点はやはり

その建物の管理=メンテナンス状況

が一番大切だと思います。

定期的な修繕や管理がきっちり行われている建物と
そうでない建物では、おそらく寿命がかなり変わってくると思います。

建物の管理に優れたヨーロッパでは築年数70年を超えるマンションもたくさんあります。
(地震国の日本とまったく同じ比較はできないですが)
国内でも、ヴィンテージマンションといわれるものがあるように
40~50年経った今でも高い流通性を誇ります。

やはりマンションは管理が一番!

ご購入の際は一番気をつけるポイントだと思います。

ゼウスリアルでは物件探し~リノベーション企画~資金計画まで
ご相談させていただいております。
お気軽にお問い合わせ下さい!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る