ブログ

誰もが安心できる適合リノベーション住宅

リノベーション住宅が増えている現在、安全な基準は何か?と疑問をお持ちの方もいらっしゃると思います。そんな消費者の方が安心が出来るように【リノベーション】の品質基準を定め優良なリノベーション住宅の理解、普及浸透を推進していく一般社団法人、リノベーション住宅推進協議会があります。弊社はリノベーション住宅推進協議会に加入しています。

適合リノベーション住宅とは

リノベーション住宅推進協議会が定める、”優良なリノベーション”「統一規格」に則ったリノベーション(検査→工事→報告+保証+住宅履歴情報の一連のフロー)が施された既存住宅のことです。
適合リノベーション住宅は、きちんと検査をしたうえで必要な改修工事を施し、その記録を住宅履歴情報として保管します。住宅履歴情報があれば、点検やメンテナンスがしやすく、将来売却するときにも役に立ちます。また、万が一の不具合に対してもアフターサービス保証がついてくるので、安心して選べるリノベーション住宅です。対象とする物件によってR1住宅~R5住宅に区分されています。

R1住宅〜R5住宅

“適合リノベーション住宅”は対象の違いにより3種類の品質基準を設けています。
マンションの専有部についての統一基準は、”R1住宅”として、
R1住宅にプラスして共用部分を含む一棟全体についての統一基準は、”R3住宅”として、
戸建住宅についての統一基準は、”R5住宅”として、普及を図っていきます。

 適合リノベーション住宅を手に入れるには

リノベーション住宅推進協議会に加入しており、お客様が納得する物件または相談先を見つける事。弊社はそんな物件探しのお手伝いを致します。

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る