ブログ

R-1住宅とは??

R-1住宅をご存知でしょうか?

こちらのマークをご覧になったことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

R-1住宅とはリノベーション住宅推進協議会が定める、区分所有マンション専有部の統一基準の則ったリノベーションを施した住宅のことです。

内部インフラ13項目の検査によって、目に見えない部分の信頼性を確保し、さらに2年以上の保証が義務付けられています。

 

 

リノベーション住宅推進協議会とは全国の住宅リフォーム事業を手掛ける法人・個人事業主で構成される一般社団法人で、リノベーション住宅の普及を目指して様々なセミナーや情報発信を行っています。

 

中古住宅はどこが痛んでるかわからず新築に目を向けがちな消費者にも中古のマンションを安心して選んでもらえるように、適合基準を定め、統一基準を設け、それに沿ってつくられたのが「適合リノベーション住宅」です。

 

 

区分所有マンションの専有部において消費者が見えない、わからない「重要なインフラ部分」13項目尾を対象とし、検査基準を設定し、その基準に適合するための工事を必須としています。

またリノベーションの内容をお客様に報告する「適合証明書」の発行を必須とし、「新規/既存」の明示、リノベーションに関わった設計会社、検査会社などを開示しています。

重要なインフラについては新規・既存に関わらず2年以上の保証を義務としました。

リノベーションの内容がわかる図面や仕様書を住宅履歴に保存することも必須としています。

 

【重要インフラ13項目】

・給水管

・排水管

・給湯管

・ガス配管

・電気配線

・分電盤

・火報設備

・情報系配線

・換気設備

・天井下地

・壁下地

・床下地

・浴室防水

 

【報告(開示)】

リノベーションに関わった会社の内容や重要インフラに関する適合状況、新規・既存の明示、不具合があった際の相談窓口などを明記された適合状況報告書の発行を必須としています。

 

【保証】

重要インフラ13項目に関し、新規・既存に関わらず、2年以上の保証を付帯(アフターサービス保証書の発行)することを義務としています。

 

【住宅履歴】

以下の書類を住宅履歴に保管することを義務としています。

(1)平面図(2)仕上げ表

更新した場合

(3)配管図(4)配電図(5)設備位置図

消費者はIDとパスワードで協議会のホームページからいつでも住宅履歴を確認することができます。

 

 

弊社のリノベーション物件は安心してお選びいただけるよう、このR-1適合住宅です!

中古物件をお探しの際はぜひご検討ください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る