ブログ

管理形態についての質問

よくマンションの管理形態で『○○委託って何ですか?』と質問を受けます

普段は使わない言葉ですので、ワンポイント解説します。

不動産の案内図面によく出てくる言葉です。

全部委託…管理業務の内容をすべてを管理会社に委託すること。委託費用は高いが、わずらわしさはなくなる。

一部委託…管理業務の内容の一部を管理会社に委託すること。委託費用は全部委託に比べ安くなる。

自主管理…管理会社に頼らず管理組合自ら管理を行うこと。委託費用は不要。ただし、管理業務を区分所有者自らが行う。

一般的には上から順に管理状態が良好な物件が多いですが、一概にはそうは言えません。

自主管理でも、素晴らしい管理状態の物もありますし、委託費用がないからといっても、全部委託よりも管理費・修繕積立金が高い物もございます。あくまで参考で、管理についてはやはり自分の目で確かめる必要がありますビックリマーク

続いて管理人さんの勤務形態ですが

常駐(常勤)管理…管理員がマンション内に住み込んで管理を行うこと。

日勤(通勤)管理…管理員がマンションに通勤して管理を行うこと。

巡回管理…管理員が定期的に訪問し、管理を行うこと。訪問の回数はまちまちだが、週に2~3回が一般的。

こちらも上から順に管理が良いことが多いです。セキュリティに関しては常駐管理は夜中でも他の勤務形態より安心感がございますが、24時間人を雇うということもあり、管理費は高いものが多いです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る