ブログ

リノベーションの注意点 壁紙編

最近の壁紙は模様も豊富でデザインの良いものが多く手に入ります。

もちろん、デザイン重視で選ぶのですが、1点注意しないと、とんでもないことになってしまうことがあります。

それは

壁紙の厚さです。

???と思った方も多いと思いますが
壁紙を貼る場所にご注意いただきたいのです。

もし、壁紙を張る面が、以前別の壁紙が貼られていた場合
多くの場合は一度壁紙を剥がします。
すると、壁には少し前の壁紙が残ってしまいます。
もちろん、次の壁紙を貼る前に下地処理はするのですが
完全には取れ切らないものです。

すると、薄い壁紙の場合、下地の凹凸をひろってしまい
凸凹の壁紙になってしまいます。

せっかくリノベーションするのに、これでは台無しですよね。

方法は無い訳ではありませんが、費用等の問題もありあまりお勧めできません。
例えば
・壁に石膏ボードを張る(部屋の面積が狭くなります)
・下地処理を入念にやってもらう(完璧にはできない上、職人さんの費用があがります)

という感じです。

もし、選んだ壁紙が薄いものであれば、新造する壁面等に貼って再利用する壁にはできれば分厚いビニールクロスを貼ることをお勧めします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る